和紙、ほぐし織の傘と布。ご縁ができた素敵なアート、クリエイトな一品を、オンラインでご紹介販売する、移住ソムリエ®︎のお店です。

江戸枝屋について

【ありがとう】オンラインで出会いと繋がりを創造します。

江戸枝屋は、【ありがとう】と【継承】を大切に考えています。
伝統と技術と歴史と文化を大切にしている誠実な人たちの生みだす丁寧な作品をご紹介販売します。

移住ソムリエ®︎のコミュニティ「いいね!創造村/iine!Creators Colony」の仲間と村の事業を考え、お店にしたのが、江戸枝屋です。

江戸枝屋(えどしや)は、木祖村で継承した空き家の屋号でした。ご家族様のご承諾をいただいて、店舗名として継承・使用しています。


ほぐし織の傘(舟久保織物様/山梨県富士吉田市)

詳しくは、こちらをご覧ください。


小国和紙(小国和紙生産組合様/新潟県長岡市)

詳しくは、こちらをご覧ください。


ほぐし織の布(傘の端布)

角度によって色が変化する、非常に色鮮やかな布が、ほぐし織の布です。

山梨県富士吉田市の舟久保織物様は、ほぐし織の傘を作っておられますが、傘を作る際に出る不要で切り取った端布が余っているとお聞きし、仕入れて販売させていただいています。

2021年中に、商品名や量、値段など考案、決まり次第、販売開始する予定です。布を仕舞う箱は、ぜひ、小国和紙さんを使いたいと考えています。

傘としては不要になったけれど、染めて織り上げられた【ほぐし織】の布に違いはありません。

手芸などお好きな女性の皆さんが、ほぐし織の丈夫で光沢のある色鮮やかな布を使って、心ゆくまで、好きな手作り時間を楽しんでいただきたい。

日々、忙しすぎる時間に、無心になれる趣味や余暇の贅沢を味わう。

美しいもので、美しいものを創造して、ご自身も、周りも幸せになる。

そんな、ほぐし織の傘の端布を販売いたします。
しばらくお待ちください。

江戸枝屋のオンラインコミュニティ「いいね!創造村」では、ほぐし織の端布を使って好きなものを作るオンライン手芸倶楽部も展開中です。作品は企画→制作→江戸枝屋の商品として販売も可能です。


KABOOのお友達

各地で出会ったアート、クリエイトな一品を紹介販売しています。

・古着物リメイクのもんぺ、畳の縁を再活用した【ご縁結びゴム】


・土鍋・土瓶・陶板・陶芸KABOO


・小国和紙にありがとうの花変幻文字


・ペットちゃんの絵を描きます


・ネコミミ・オーダー編み物つくります


笑顔でつながる夢と希望。探しに行こう江戸枝屋に。

キャラクターについて


遊びに来ているのは、おりぴめちゃんと移住ソムリエ®︎のKABOO。
あなたが安らぎ寛げる楽しい時間や思いをお届けします。

笑顔で繋がる夢と希望。探しに行こう、江戸枝屋に!

2004年からアート支援活動をしています。2006年、にこにこネットというサイトを運営していた時代に浮かんだ絵と詩で、気に入って、キャッチコピーにしていました。【大切なもの

今まさに、このキャッチコピーを江戸枝屋に継承です。

大切なもの=ありがとう!ありがとうを循環、継承しあう社会=ひとりを大切にする社会を志として目指しています。

KABOOの宝物
ご支援くださった方に感謝の気持ちでプレゼントするKABOOの贈りものです。


ハタオリの貼り絵

名刺サイズの大きさの小国(おぐに)和紙に、ほぐし織の傘を作る際に出る端布を切って貼り付ける創作アートです。角度によって変わる色彩、和紙の手触り、香り、制限された大きさの中で五感を使って無心で創造するアート。継承してきた伝統の技術や歴史、文化に触れていただければ幸いです。


お問い合わせ

お問い合わせは、下記からお願いします。

各SNSからのメッセージもお受けできます。

Instagram:iine.2525

Twitter:lgg_jp

Facebook:Chiyoko Kusayanagi

Facebookグループ「よったかり」:

https://www.facebook.com/groups/yottakari/

メッセンジャー:

https://m.me/chiyoko.kusayanagi

LINE:edoshiya

★移住ソムリエ®︎のブログでは、移住ソムリエ®︎のコミュニティ「いいね!創造村」の村民さんのオンライン倶楽部などの情報を「村の回覧板」として載せています。