ほぐし織の傘/舟久保織物(山梨県富士吉田市)
https://funakuboorimono.com/

山梨県富士吉田市の工場から富士山が見えます。富士山の湧き水で染められ、富士山に見守られながら、織り上げられた傘です。

…え?これって、織物で傘なの?…ピンとこない方も多いと思います。詳しくは、舟久保織物さんの動画をご覧ください。↓

【山梨ハタオリ産地】おうちで工場見学 -舟久保織物 funakuboorimono

18世紀、フランスのリヨンで確立された「ほぐし織」という技法。貴婦人のドレス生地として人気。日本では明治時代に銘仙で人気に。
山梨の富士山麓地域では、大正時代から高級傘の生地として生産され、先に染めてから織り上げる、とても高度な技法で、今では非常に少なくなっています。舟久保勝さんは、染からご自身で一本一本、時間と技術をかけて丁寧に作られています。

鮮やかな色彩は、心が和らぎ弾むような明るさを私達に与えます。雨を避ける道具である傘。手に持つ、開くだけで心が軽くなる。お洒落で大切に使いたくなる「美しさを備え持つ傘」です。

舟久保織物さんのネットショップで傘をお買い物の際は、必ず「江戸枝屋(ちよ子さん)を見ました」「江戸枝屋さんから紹介を受けました」と書いてご注文ください。

傘の購入後、ご連絡をいただければ、確認が取れ次第、江戸枝屋から御礼で「ハタオリの貼り絵」をお贈りさせていただきます。お楽しみに❣


ほぐし織の傘の端布活用

富士山の湧き水で染められ、富士山に見守られて織り上げられた、色鮮やかな、ほぐし織の布。

ハタオリの貼り絵/おうちでワークショップ

子どもたちにハタオリの貼り絵でKABOOを創っていただきました。

小国和紙の耳付き名刺に、ほぐし織の傘の端布を切って貼り付ける創作アートです。角度によって変わる色の変化をお楽しみください。和紙の手触り、香り、制限された大きさの中で五感を使って無心で創造する体験を通して、継承してきた伝統の技術や歴史、文化に触れる時間をご提供しています。

いいね!創造村のオンライン手芸倶楽部では、端布の再活用第一弾として

ほぐし織のしおりとブックカバーを制作いただきました。もったいない屋KABOOをご覧ください。

「ハタオリの貼り絵/おうちでワークショップ」を体験いただいた方限定で、ほぐし織の傘の端布を販売可能です。【活用提案/もったいない屋KABOO